cropped-BJT_logo-and-slogan-e1598437472164

Eメール

info@bjt.jp

アメリカの奨学金制度の実態①

アメリカの大学に進学するにあたり、学生とその家族が考慮しなければならないことの一つに、「学費」がある。日本の場合、授業料だけを見ると国立でおよそ50万円、私立で70〜270万円といった具合である。それに比べ、アメリカの大学の授業料は、年間$9,970から$34,740 (約107〜374万円)かかると言われている。授業料だけでこの額なのだ。寮やアパートの費用、食費、教材費などを含むと、とんでもない額になってしまう。アメリカの大学を卒業するのは、「家が買えるほど高い」のである。 しかしながら、2014年の統計によると、アメリカでは69.5%の高校生たちが大学に進学している。日本の大学進学率に比べても高い数値である。高校を卒業した…